駅の乗り換え案内のAIロボットの実証実験。

今月に入ってからのニュースだったでしょうか、駅の構内に設置されたAIロボットの実証実験が開始されたというのを見ました。驚きと衝撃を受けました。動きも精密で、何か愛嬌もあって、英語や中国語、韓国語、日本語と4か国の言葉をしゃべって案内するといいます。東京案内ロボット、「ARISA」と言うらしく、名前も可愛らしいです。2月まで実証実験を駅の構内でするとのことです。

2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向け、訪日外国人旅行者に対応していく予定だそうです。日本の技術もすごいですね。

あと、歩く警備ロボットもテレビで見ました。地下鉄のように不特定多数の人が集まる場所での警備員の目となり、周辺の人々や不審物などの映像で映し出したり、温度や湿度にも反応して、火災などの不測の事態が起きたことを検知するのだそうです。たよりになるロボットですね。

私達の生活の中で日々、進化したロボットに助けられることが多々あるようになりました。これからもっとロボットと仲良くする時代がくるのでしょうね。全身脱毛 料金